CEO

下地 貴明

CEO

下地 貴明

1981年 香川県生まれ。2006年 早稲田大学教育学部卒業後、システムエンジニア、プロジェクトマネジメントを学び、経済産業省「情報大航海プロジェクト」への参画、「この指とまれ」の改築、運営業務に携わる。2011年にスマートメディカル株式会社 取締役ICTセルフケア事業部長就任。音声気分解析技術「Empath」の研究・開発を行う。2014年 東京大学保健推進健康本部の受入研究員として、Empathを活用したメンタルヘルスアプリを開発。2017年、スマートメディカル株式会社からスピンオフした株式会社Empathの代表取締役に就任し、Affective Computing領域におけるEmpathのビジネス活用を推進している。

×
Co-founder & Co-CEO

山崎 はずむ

Co-founder & Co-CEO

山崎 はずむ

海外戦略・営業を担当。米国のベンチャー・キャピタル1776 が主催するピッチコンテストChallenge Cup Japan 2017にて優勝、日本代表に選出される。またドバイで開催された中東最大のテクノロジー見本市GITEX 2017にて開催されたピッチコンテストAccenture Innovation Award AI部門で優勝。国内スタートアップ同士の連帯を深めるため、2017年7月よりミートアップ・イベント、Tsumuguを主催。また、2018年1月より株式会社no new folk studioのCEO、菊川裕也とともにスタートアップのためのPodcast、The Startup Podcastを配信開始(https://podcast.no-new-folk.com/)。東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了(専攻:比較文学比較文化)。ニューヨーク大学大学院留学。2017年より青山学院大学社会情報学部特別研究員。

×
CTO

茶圓 亮

CTO

茶圓 亮

システム・インテグレーターとして企業システムからスマートフォン・アプリ、バックエンドシステム構築まで様々なプロジェクトに従事。また、プロジェクト・マネージャーとして多様なプログラミング言語に関する知識を背景にシステム設計、インフラ構築、から実装まで携わってきた、SONYでは第三世代ハードディスク・レコーダーの開発に携わる。九州工業大学大学院 工学部 博士前期課程修了。東京大学大学院 工学研究科 テクノロジー・マネージメント・コース修了。共著に『Android API プログラミング・リファレンス』(マイナビ、2012)。

×
Data Scientist

赤岡 バディシ 沙羅

Data Scientist

赤岡 バディシ 沙羅

高校までをモロッコで過ごした後、フランスの国立グルノーブル工科大学にてコンピューター・サイエンスならびに数学の修士号を取得。グルノーブル工科大学在学中に京都大学大学院情報学研究科 知能情報学専攻に留学、アフェクティブ・コンピューティングと感情の統合に関するリサーチ・プロジェクトに従事した。大学院卒業後はフランスにてフルスタック・ウェブ・エンジニアとして活躍、表情解析のアプリ開発や自動ポートフォリオ管理のためのロボット・アシスタント開発を行う。2017年、Empathにデータ・サイエンティストとして参画。フランス語、アラビア語、英語、日本語をあやつるカドリリンガル。

×
Sales / PR

千葉 美帆

Sales / PR

千葉 美帆

大阪府出身。秋田県の国際教養大学卒業後、Johnson & Johnsonに営業として従事。在職中よりウェディングのベンチャー企業でスタッフの採用・教育に携わり経験を積む。その後アメリカシカゴに滞在し、現地のコメディー団体The Second Cityに所属し活動の幅を広げる。海外経験をキャリアに活かしたいと考えていたところEmpathに出会い、メンバーの雰囲気に惹かれ2018年4月より国内外の営業/広報としてEmpath社に参画。社外ではPirates of Tokyo Bayというバイリンガルの即興団体に所属し活動中。

×
Engineer

中川 亮

Engineer

中川 亮

SIerにてインフラエンジニアとしてキャリアをスタート。OS・ミドルウェア製品のチューニングを中心にサーバ構築を経験。その後独立系ソフトウェアハウスへ転職し、Androidアプリやサーバサイドの開発を担当、アプリケーションエンジニアとしてのスキルを磨いた。再びSIerに戻り大手航空会社向け共通基盤システムの開発を経て、尖った技術で社会にアプローチできるサービスを提供していきたいと考えるようになり、2018年Empathに参画。

×
Engineer

齋藤 圭吾

Engineer

齋藤 圭吾

情報システムと電子工学を専攻。大学卒業後、Android開発をメインにWindowsアプリ開発、サーバーサイド、Webフロント等多岐に渡る開発を行う。受託開発や自社サービス開発を通して上流から下流まで全て行い、PJリーダも経験。2年目でアワードを受賞し翌年に渡独。ドイツ・ベルリンで子会社立ち上げ、ベルギー・ブリュッセルのスタートアップと共に開発行う。帰国後、Empathと出会いモバイル開発メインで参画。

×
CSO

諏訪 真史

CSO

諏訪 真史

Empathの技術戦略の策定、コンサルティング統轄、プロダクトマネージメントを担当。大手システム・インテグレーター、外資IT企業、自社経営などを経て現職。様々なビジネスシーンの中で、AIによる感情解析や音声解析によって業務改善や組織変革を実現する事を職責とする。慶應義塾大学理工学部卒。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)経営学研究科修士課程修了(情報システムと組織研究専攻)。

×
COO

中野 裕介

COO

中野 裕介

新潟市内野出身。フィリピンにてオンライン英会話事業の立ち上げを経験。その後、Digital Garage にて、金融機関向けCRMメディア事業の海外展開を担当。中華圏の大手金融企業と提携し、越境EC事業の立ち上げに成功。2018年より、シード期のEmpathに参画。PMFに向けた課題探索とクライアントの業務改善をリードし、 同社の事業戦略立案の中心を担う。University of the People 経営学修士課程。

×
Accounting Manager

中西 美鈴

Accounting Manager

中西 美鈴

福岡県出身。Empath管理部門において経理を担当。
大学卒業後は、ホスピタリティの高い仕事を希望し百貨店に入社。販売業務以外に従事した労務業務をきっかけに、社内に向けたホスピタリティをもっと発揮したいと転職。
その後、ITベンチャーやアパレルのスタートアップにて、総務・経理・人事など多岐にわたってバックオフィスの経験を積む。スタートアップのM&Aも経験し、その際は労務・経理での責任者となる。
現在2児の母でもあり、家庭もキャリアもあきらめない働き方を求めていたところEmpath社に出会う。新経理システムの導入や子連れ出社を実行し、働きやすい環境づくりを実践中。

×
Engineer

尾崎 沙世

Engineer

尾崎 沙世

計測工学を専攻した後、計測システムの特注開発・インテグレーションなどで経験を積む。

米国シリコンバレーにてスタートアップとのジョイントプロジェクトに参加したことがきっかけで、より高度な計測製品開発に携わりたいと考えるようになり、2020年にEmpathに入社。


SF作家であり、自身の経歴を活かしてSFプロトタイピングも手掛けている。

×
UI/UX Director

志村 侑紀

UI/UX Director

志村 侑紀

UCLAで社会神経科学を専攻、卒業後はHarvard Intergroup Neuroscience Lab

にて「強化学習と差別の関係」について研究。その後、

University College Londonの計算論的精神医学科博士課程に進学し、「意思決定と感情」について研究。

人間の意思決定と感情のモデル化に関心があり、意思決定と感情に寄与するアルゴリズムへの理解を探求。

2020年よりEmpathに参画、ビジネスと研究を横

断かつ接合させてEmpathの技術の社会実装を爆速で推進する。孫正義育英財団第一期生。

×
Sales & Data Analyst

長谷 健介

Sales & Data Analyst

長谷 健介

早稲田大学大学院 基幹理工学研究科 情報理工・情報通信専攻。 「人とコンピュータが対等な関係で感情的なコミュニケーションができるようにしたい」という夢を持ち、感情解析AIを開発するEmpathに参画。2020年2月からデータアナリストとして参画。

×
Acoustic Researcher

山岡 大志

Acoustic Researcher

山岡 大志

2021年 早稲田大学 数学応用数理専攻 修了。学生時代に音響モデルの研究を行い,音響学の側面から社会貢献したいと考え2021年にEmpathに入社。

×
Data Analyst

生嶋 美伶

Data Analyst

生嶋 美伶

イギリスのユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)脳科学部の心理学・言語科学専攻。卒業論文のテーマは「声から疲労度を判定する際のAIと人間の間の判定精度の比較」。中学時代からコンピューターサイエンス、心理学、言語学などに興味を持つ。それら全ての領域にまたがるEmpath事業に興味を持ち、2019年末よりデータアナリストとして参画。米英独日4か国で育ち、英語、日本語、ドイツ語を話すトリリンガル。趣味はバードウォッチング。

×
Advisor

ドン・リンゼイ

Advisor

ドン・リンゼイ

ドン・リンゼイは成功をおさめたFortune 100にリストアップされているテクノロジー企業で年以上にわたり執行役を務めてきた。世界水準の大規模なプロダクト・デザイン・チームを組成し牽引しながら、一貫してデスクトップならびにモバイルのプラットフォームとプロダクトを提供し続けている。AppleやBlackBerryのCEOのもとで社運をかけたプラットフォーム進化のあり方を決定し実行する中で、ドンは15の主要なプロダクト・プラットフォームを世に送り出してきた。その経験と洞察は組織開発、デザイン文化、デザイン・システム、そして開発プロセスならびにその戦略策定から実行までに及んでいる。彼は定評のあるUXイノベーターであり、180を超える出願済みならびに取得済みの米国特許を保有している。その領域はデスクトップならびにモバイルOSプラットフォームに対してのUIデザイン、ジェスチャーと音声インタラクション、そしてUIの実装方法にまでいたる。現在ドンはスタートアップ支援のための様々なポストについており、よくまとまった組織、開発工程、そして製品ラインの戦略を通して真の意味で世界水準のプロダクト・エクスペリエンス開発を目指すスタートアップを支援している。

×
Artist

スプツニ子!

Artist

スプツニ子!

インペリアル・カレッジ・ロンドン数学科および情報工学科を卒業後、英国王立芸術学院(RCA)デザイン・インタラクションズ専攻修士課程を修了。在学中より、テクノロジーによって変化していく人間の在り方や社会を反映させた映像インスタレーション作品を制作。最近の主な展覧会に、2019年「Cooper Hewitt デザイントリエンナーレ」(クーパーヒューイット、アメリカ),「BROKEN NATURE」(第22回ミラノトリエンナーレ,伊),2017年「JAPANORAMA」(ポンピドゥーセンターメス、仏),2016年「第3回瀬戸内国際芸術祭」(常設作品「豊島八百万ラボ」),「Collecting Future Japan – Neo Nipponica」(ビクトリア&アルバート博物館、イギリス)など。2013年よりマサチューセッツ工科大学(MIT) メディアラボ 助教に就任し Design Fiction Group を率いた。現在は東京藝術大学デザイン科准教授。VOGUE JAPAN ウーマンオブザイヤー2013受賞。2014年FORBES JAPAN 「未来を創る日本の女性10人」選出。2016年 第11回「ロレアル‐ユネスコ女性科学者 日本特別賞」受賞。2017年 世界経済フォーラム「ヤンググローバルリーダーズ」、2019年TEDフェローに選出。著書に「はみだす力」。共著に「ネットで進化する人類」(伊藤穰一監修)など。

×
Research Collaborator

水町 光徳

Research Collaborator

水町 光徳

1995年九州芸術工科大学芸術工学部音響設計学科卒業。2000年北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科修了、博士(情報科学)。2000年よりATR音声コミュニケーション研究所・研究員。2004年より九州工業大学・助手。現在,同准教授.2005年日本音響学会 粟屋 潔 学術奨励賞受賞。日本音響学会電気音響研究会・委員長,電子情報通信学会応用音響研究会・委員長などを歴任。音響信号処理,聴知覚メカニズムの解明,聴覚と発話のインタラクションを中心に,音情報処理に関する研究を行なっている。

×
Fantasista

新城 健一

Fantasista

新城 健一

ビデオゲームガイドブック、ノベライズ、設定資料集など累計130万部以上を上梓した後、ネットメディア立ち上げから上場までコンテンツプロデューサーを務め、スマホ普及のためのソフトバンク子会社COOを経て、株式会社ホオバルにて食、健康、教育領域のサービス開発支援コンサルタント。企画から関わったヘルスケアサービスが、2016年に日本サービス大賞優秀賞を受賞。経産省J-Startupに選出された医療VRベンチャーのHoloeyes株式会社取締役兼CSO。コレクティブインパクトコミュニティのミスルトウにてフェロー。テクノロジー×心理学ベンチャーのSollation顧問。東京学芸大こども未来研究所の教育支援フェローも兼務

×
〉〉

Empathの多様なメンバー

生まれた場所も、ジェンダーも、世代もばらばら。
性別比率は女性42.3%に対して男性57.6%。
話す言葉の数は7ヶ国語。
世代は、大学1年生から社会人歴25年以上まで。
専攻や仕事のバックグラウンドも様々。
だから、大変で、たのしいメンバーが揃っています。

Team