【プレスリリース】スプツニ子!とEmpathが世界中のアイディアを届けるウェビナー“Idle Away”をスタート

感染症の時代に未来を創るためのアイディアを英語で発信

株式会社Empath

2020年5月13日 10時00分

音声感情解析AIを開発する株式会社Empath (本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO : 下地貴明、以下Empath)は2020年5月25日より世界中のアイディアを届けるウェビナー “Idle Away: Snacks for the Revolutionary” の配信を開始します。 “Idle Away” は世界中からアーティスト、活動家、学者、起業家などをゲストに迎え、感染症の時代を生きる私たちが未来を創るためのアイディアを英語(日本語同時通訳付き)で配信します。ホストはEmpathのメンバーであるアーティスト、スプツニ子!と共同創業者の山崎はずむが担当、5月25日午後12時開催予定の “Idle Away Vol. 1” ではアーティストであり米国Apple社のプロトタイプ・デザイナーでもあるJiabao Li(https://www.jiabaoli.org/)をシリコンバレーよりゲストとして迎えます。

■ “Idle Away” のコンセプト:感染症の時代を生きていくアイディアを気軽につまむ

COVID-19の世界的な流行により、少なくない数の人々が自宅で過ごす機会が増えました。その一方で外出せざるを得ない状況にある人々も多く、日々不安を抱えながらの生活が続いています。

こうした状況の中でEmpathは、これからの未来を創造するためのヒントになるようなアイディアを共有できる場としてウェビナー “Idle Away: Snacks for the Revolutionary” をはじめることにしました。”Idle Away” には「じっとする、ゆっくりとどまる」などの意味があり、家や公園などで休憩しながらお菓子を食べるような気楽さでこれからの未来のためのアイディアをみんなでつまもう、という意味が込められています。現在の切迫した危機のなかで、無力感に苛まれたり、心理的に不安になってしまうことも多いでしょう。そうした状況だからこそ、感染症の時代をポジティブに生きていくためのヒントになるようなアイディアを世界中から集めて気軽に共有できる場を作りたいと思い、誰でも場所に関係なく参加できるウェビナーという形でEmpathは “Idle Away”をスタートさせました。気軽にアイディアをつまみながら、私たち誰もが未来の革命家[1]になることを目指しています。このウェビナーは無料で参加できます。下記のリンクより参加登録いただけます。

参加登録ページ:
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScDaWajMacSu25Ji3PJRZSZONnLsyJFhpoT7P3OqakhhhNwcg/viewform

[1] 「革命家」という表現は長谷川愛『20XX年の革命家になるためには ―スペキュラティブ・デザインの授業』(BNN、2020年)のChapter 1「夢想から始まる革命の道筋」から着想を得ている。

■ 日本語同時通訳を付けた英語での配信

COVID-19は今この時代に生きる誰もが共通に経験する危機として地球全体に影響を与えています。このことは日本国内だけではなく、わたしたちが地球に生きる誰しもから、この感染症の時代をポジティブに生きていくヒントを学べることを意味します。またEmpathは創業当初から積極的に海外へと飛び出すことで多様な知見と多くの仲間を獲得してきた会社でもあります。

そこで “Idle Away” ではなるべく多くの異なるアイディアをつまむため、基本的に英語での配信を行います。その一方で日本語の同時通訳も行うことで、より多くの人に開かれたものとしてウェビナーを開催していきます。

配信に際してはZoomおよびYouTubeでの配信を予定しており、Zoomからウェビナーに参加する場合には同時通訳機能で日本語でもウェビナーに参加することができます。また、YouTubeの動画には後日日本語での字幕を付す予定です。

■ “Idle Away Vol.1” のゲストはアーティストのJiabao Li

2020年5月25日午後12時開催の “Idle Away Vol.1” では "Speculative Caricature" と題して、アーティストであり米国Apple社でプロトタイプ・デザイナーをつとめるJiabao Li(https://www.jiabaoli.org/)をゲストに迎えます。Jiabaoはテクノロジー、アート、そしてデザインを交差させながら、人間が世界を把握する新しい方法を創造しています。2019年にはTEDで “Art That Reveals How Technology Frames Reality(いかにしてテクノロジーは現実を形成するのか、それを明らかにするものとしてのアート)” と題し、テクノロジーが私たちの世界認識を規定してしまう現実を彼女の作品を通して講演しました。今回の “Idle Away” ではCOVID-19が世界中で猛威をふるうなかで彼女が公開した “TOSS PAN DANCE” というビデオ作品を題材に、感染症の時代における風刺とアートの力に関してアイディアを交わしていきます。

<Empath Inc.概要>(https://webempath.com/

 

 

 

 

 

 

株式会社Empathは、音声感情解析AI「Empath」を開発しています。奈良先端科学技術大学院大学との共同研究や株式会社NTTドコモとの被災地支援事業で採用されたほか、ロボティックスやコールセンターなど幅広い分野で活用されています。海外でも注目を浴びており、アラブ首長国連邦内務省に正式に採用されたほか、開発者向けに提供しているWeb Empath APIは世界50か国以上で利用されています。また、ICT Spring 2018で開催されたPitch Your Startupで日本企業としてはじめて優勝、Viva Technology 2018でBest Startupに選出されるなど海外のピッチコンテストですでに10度の優勝をおさめています。国内外での功績が認められ2018年10月には日本企業として初めてGoogle Launchpad Acceleratorに合格、また2019年6月24日には経済産業省、日本貿易振興機構(以下、JETRO)、新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)が支援する「J-Startup」プログラムに採択されました。

・設立 :2017年10月31日
・本社所在地:東京都渋谷区神宮前6-18-13 7F
・代表者 :代表取締役 下地 貴明
・事業内容 :音声感情解析AI「Empath」の販売

 

【このリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社Empath 広報担当:千葉
TEL:03-6450-5518
Email:pr@webempath.com